子供の頃からの矯正

美しい歯並びと正しい噛み合わせになるためには、子供のころから成長発育を見守る必要があります。
顎の成長途中である子供の頃から、歯科矯正を始めることで顎の成長をうまくコントロールでき、綺麗に仕上がって抜歯する可能性も低くなります。
反対に、顎が成長する子供の頃に、悪い歯並びや歯並びに関する癖を放置しておくと、顎の発育にも悪影響を与え、顔の形も変わってきます。
上下の顎の位置がずれると受け口などの症状が出ます。
これは、乳歯の生えている時期から治療をすると効果的だと言われています。
早い時期の歯科矯正は顎の成長を適切に誘導しながら治療をすすめるので、永久歯に生え変わっても正しいかみ合わせになる可能性が高まります。
矯正を始めるタイミングは、子供が器具を使えるようになれば可能です。
顎の成長を治療に利用できる時期だと、治療効果に期待が高まります。
気になる治療時来たら、矯正歯科をやっている医院で検診してみましょう。
咬み合せに異常があると噛む機能が上手に働かなかったり、顔や体の歪みの原因になったり、コンプレックスになると性格などの心理面に影響がでたりします。
このような場合、治療の開始時期は咬み合せの状態にもよりますが、できるだけ早い時期に取り組むと効率的に改善できるでしょう。
指しゃぶりなどの癖などはそれを治すことで、歯並びが悪くならないように予防できます。
永久歯に生え変わる成長期でもあり、顎の骨が発達する時期でもあるので、永久歯を抜かなくても歯並びを整えることができます。
悪い歯並びを放置して、大人になってから本格的な矯正治療を受けるより、簡単な装置で費用を安く抑えて治すことが可能です。
小児矯正は治療が終了するまで時間がかかりますが、後戻りしづらく、永久歯が生え揃ったあとも綺麗な状態が保ちやすいです。
歯の大きさが極端に大きいなど、いずれは抜歯が必要でも、顎の成長をバランスよく保つので、仕上がりが綺麗です。
乳歯の抜歯タイミングをコントロールできるので、悪い方向に歯が生える原因を減少させて、良い咬み合せになります。
顎の成長期に悪いかみ合わせを放置してしまうと、顎が変形する可能性があります。
歯が生え変わる時期に、葉の傾きが原因で受け口になったのを放置すると、悪い傾きに沿って顎が成長します。
成長が止まることには顎のズレが大きくなり、改善にするには顎の手術も必要になります。
しかし、悪くなる前に咬み合せを治すことで、咬み合せのバランスがとれた顎の成長になる可能性が高まります。

Copyright (C)2017矯正歯科について.All rights reserved.